結婚契約書とは

■結婚とは法律行為であることを理解したうえで準備することとは

人生で大きなイベントの一つに結婚があります。

若い頃は、結婚に甘い夢を見るかもしれませんが、ある程度年齢を重ねると結婚イコール生活そのものと認識できます。

結婚生活がうまくいくケースもあれば、うまくいかず離婚に至るケースも多々あります。

初婚であれ、再婚であれ、結婚において離婚を防止するために、あるいはトラブルを回避させるために必要なことは何か。

それは、結婚前にきちんと契約を締結することです。

それが、結婚契約書(婚前契約書)です。

結婚契約書というと、大げさに聞こえるかもしれません。

しかしながら、結婚は法律行為なのです。

いざ、トラブルが発生したときに、事前に当事者間で取り決めをしておけば、トラブルを回避したり、最小限に食い止めることで、その後の生活も安心して暮らすことができます。

ですから、結婚契約書を締結することは、安心して夫婦生活をするためには、必要なことなのです。

それでは、具体的にどのような項目を結婚契約書に盛り込めばいいのかと申しますと、以下のとおりです。

1.夫婦の在り方について

どのような夫婦像を描いているのか、当事者で協議しておくことです。

そして、あらゆるトラブル(浮気やDV)が発生したときに、相手方に対して損害賠償金を支払うことを明記しておくことで、リスクヘッジにつながります。

2.資産管理

家計についての金銭管理についても協議して取り決めておくことが重要です。

月々の経費や娯楽やレジャー、住宅や自動車の購入、あるいは子供ができた時の教育資金、ギャンブルや借金等、盛り込むと同時にキャッシュフロー表を作成してみるのもよろしいかと思います。

3.家事全般

夫婦での共同生活が始まれば、家事の負担をどうするのかが問われます。

片方だけに負担がかかるようにせず、負担を分け合うことも夫婦円満の秘訣です。

4.親戚付き合い

結婚は当事者だけの問題ではなく、家と家との結びつきでもあります。

そのため、親戚付き合いも増えますが、中には負担やトラブルとなる人もいるので、その関わり方も明記しておくと負担軽減することができます。

5.その他

上記の他にもプライバシーや離婚、ペットについても必要であれば盛り込んでおくとよろしいかと思います。

結婚生活には、思いがけないことも発生しますので、リスクを減らすためにも、自分自身を守るためにも結婚契約書を作成しておくメリットはあります。

これから結婚される方は、ぜひ結婚契約書を作成してみてください。

当事務所でも結婚契約書の作成を承ります。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 契約書作成