ひとり暮らしができない人とは

■一人では生きていけない人にとっての生き方とは

世の中には、いろいろなタイプの人がいます。

中でも、こういうタイプもいるのだなと思った人がいます。

それは、ひとり暮らしができない人です。

ひとり暮らしができないといっても、ここでは、病気や障がいのある方を除きます。

具体的な事例では、九州出身の40代の女性の相談でした。

この方は、仕事のために10代から上京してきたわけですが、いまだにひとり暮らしをしたことがないと言っていました。

それでは、誰と暮らしているのかと聞くと、上京し始めた頃は、会社の寮に入り、集団生活をしていたそうで、その後、同性のルームメイトと一緒に生活しているとの回答でした。

この方は、ずっと独身ですが、なぜ、ひとり暮らしをしないのかと尋ねてみました。

その回答は、極度の淋しがり屋だということでした。

淋しい気持ちもわからないわけではありませんが、年齢も重ねているわけですから、ひとりで暮らせないということは、どういうことなのだろうかと思いました。

もちろん、極度の淋しがり屋だからといっても、病気ではないものの、精神面が弱いのかと思います。

結婚されていれば、状況も変わったのでしょうが、残念ながら縁がなかったそうです。

この方の場合、このまま生活していければ、問題ないのかもしれませんが、ルームメイトもずっと同じ方がいるわけではありません。

まだ若い方のようですから、転職や結婚で離れていく可能性は大です。

どうしてもひとりで暮らせないならば、シェアハウスに入ることも検討の余地があると思います。

シェアハウスも個室になるので、それが無理ならば、ルームシェアで暮らす方法もあります。

ルームシェアとは、赤の他人と戸建てやマンション、アパート等で一緒に住むことです。

昔風に言えば、長屋のことです。

他人と一緒に住むことに嫌悪感を持つ方も多いですが、上記のような相談者の場合は、このルームシェアをしながら、生活していくのがベストな方法であると思います。

そうすれば、孤独感に陥ることもなく、安心して暮らしていけます。

また、老後に介護が必要となった場合は、グループホームや老人ホーム、特別養護老人ホームに入所すれば、必然的にルームシェアとなります。

これから、超単身社会となりますが、ひとりで暮らすことができない方は、ルームシェアをする、あるいは介護保険のサービスを活用しながら生活する道があるわけですから、活用しない選択肢はありません。

群れてつながることができるので、孤独死になることもありませんから、究極の孤独死対策といっても過言ではありません。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:FP生活相談 ブログ