パーティー葬とは

■明るい雰囲気の葬儀がご希望なら、パーティー葬がおすすめです!

終活でやはり気になるのことの一つが、自分の葬儀をどのようなスタイルで行うのかということです。

葬儀のやり方も従来とは大きく変化し、自由な発想で個性的なものまで出ているのが現状です。

その中で出てきた葬儀の形の一つが「パーティー葬」です。

パーティー葬とは、お別れ会や偲ぶ会をパーティ形式で行う葬儀です。

お別れ会とは、家族葬などにより、近親者のみで葬儀を済ませたあとに、しっかりと準備をしてお世話になった方々を招いて行う告別の方法です。

故人の友人知人や会社関係者等がゆっくりと故人を偲ぶために催すものです。

お別れ会には、祭壇へ献花するセレモニー式と弔礼や献花等の後に出席者が会食を行うパーティー式があります。

パーティー葬は、お別れ会のようにしんみりとしたものではなく、明るい雰囲気の下で行うものです。

内容としては、故人の思い出の映像や好きだった音楽等を流します。

パーティー葬は、ホテルやレストラン等で行われることが多いです。

そのため、故人の生き様や性格、人付き合いのネットワーク等の要素が大きく影響しています。

ある程度、社会的地位が高かった人や人付き合いが多かった方、規模の大きな会社経営者だった方等が好むスタイルです。

ですから、一般の方には馴染まない型式とも言えます。

パーティー葬には、決まった形式というものはないので、自由に企画することができます。

ホテルやレストランとの打ち合わせで、どこまでが演出可能なのかもきちんと決めておくことが肝要です。

そのため、パーティー葬の企画担当者は、負担が重くなります。

それでも、故人やその家族のために、盛大に開催できるということの意義を考えて取り組む必要があります。

パーティー葬は、準備が大変なだけでなく、費用も掛かります。

また、故人は希望していても、家族の意向により、行わないケースもあります。

そのためにも、確実にパーティー葬を行うためには、生前契約により、葬儀社との打ち合わせを行って、内容や形式もすべて生前に決めておくのが、親族に負担のかからない方法です。

今後、パーティー葬が浸透していくのか、注目して見守りたいです。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 葬儀