介護施設

特養に入所するメリットとは

■特養は、入所するまでが大変だけど、入所できるとメリットが多いです!

先日、特別養護老人ホームに入所される方のサポートを行いました。

具体的には、転居に伴い、介護タクシーの手配から、付き添い、入所にあたる事務手続等です。

特別養護老人ホーム(略称、特養)とは、在宅での生活が困難な状況にある要介護の高齢者が入所できる介護保険施設のことです。

まず確認すべき点は、入所にあたる条件は、以下のとおりです。

1.65歳以上で要介護3以上の方

2.40~64歳で特定疾病が認められた要介護3以上の方

要介護3以上になると在宅介護を行うのも限界があるため、特養に入所したい、あるいは家族が入所させたいというケースが増えています。

そうなると、有料老人ホームに入るか、特養に入るかの選択となるわけです。

しかし、有料老人ホームに入るには、どうしても経済的に負担が大きいのも事実です。

ですから、有料老人ホームに入るよりも、特養に入所を希望する方が増えるわけです。

では、特養に入所するメリットとは何か考察してみます。

1.費用が格安

有料老人ホームと比較すれば、毎月の施設利用料は、半分以下の金額です。

それは、介護保険の適用があるためです。

月額10万円以下のケースもあります。

また、入居一時金もかかりません。

経済的に困窮している方や家族にとっても、費用の負担軽減となります。

2.終身にわたり、サービスを受けることができる

長期間の入所が前提となるため、体調を崩さない限りは、一旦入所すれば、お亡くなりになる直前まで滞在できます。

終の棲家ともいえます。

3.ケアの充実

専門スタッフの設置基準があるため、専門的なケアを受けることができます。

以上がメリットです。

特養の場合、メリットばかりが強調されがちですが、当然デメリットもあります。

1.入所するまでに時間がかかる

入所希望者が多いため、施設の受け入れ人数が追い付いていません。

ですから、入所の申込を行っても、数か月から数年待つこともよくある話です。

そのため、入所を待っている間に、お亡くなりになるケースもあります。

2.要介護3以上でないと入所できない

要介護3以上が原則であるので、要介護1~2の方は、特例でないと入所は難しいです。

3.医療体制が充実していない

例えば、食事を取ることが難しくなれば、胃ろうや経管栄養となりますが、その場合、医療体制が充実していないため、対応できず、退所となり、他の病院へ転院してもらうことになります。

ですから、医療依存度が高くなると特養では対応できず、せっかく入所しても退所となってしまうケースもあるのです。

以上です。

それでも、メリットが多いので、介護に限界を感じる前に、特養への入所を検討してみるのも賢明な選択です。

間違っても介護のために、離職するような行為は避けるべきです。

介護に関しては自分や家族だけで判断せずに行政や専門家に相談してみることをおすすめします。

老人ホームで長期間暮らす意義とは

■老人ホームでの生活が長くなると発生する弊害とは!

超高齢社会が進む中で、自宅で介護をすることが出来ず、やむを得ず、施設へ入所されている方も多くいます。

代表的な高齢者施設といえば、老人ホームです。

家族を老人ホームへ入れるということは、介護地獄から解放されると同時に経済的な負担を強いられることになります。

決して楽になるわけではありません。

老人ホームにも軽費老人ホームもあれば、有料老人ホームもあります。

軽費老人ホームであれば、費用の負担も少ないですが、自立型となるので、自分で食堂やトイレに行くことが出来なくなったときには退所を迫られます。

有料老人ホームであれば、介護付きとなるので、自力で歩けなくても、職員の付添で食事や排泄や入浴も可能です。

ところで、そのような老人ホームに長期間、入所されている方もいます。

ここでいう長期間とは、10年以上で、中には20年以上も老人ホームで暮らす方もいます。

長期間、老人ホームで暮らすこととはいったいどういうことを意味するでしょうか?

もちろん、家族にとっては、経済的な負担はとても重たいものであります。

それだけでなく、常に入所者のことが気がかりとなりますし、時間のある時に見舞いに行くこともありますので、決して楽なことではありません。

また、入所者本人もずっと施設の中で暮らすわけですから、楽しいというわけではないでしょうし、時間で食事や入浴やレクレーション等もあるので、落ち着かない点もあると思います。

何よりも、自由に外出することもできないので、ストレスも溜まります。

中には施設の職員に暴言や暴力をふるうこともあります。

そして何より問題なのは、長期間、室内にいるので、刺激に乏しく、認知症を発症してしまうことも多いです。

施設にとっても、入所者はお客様ではありますが、長くいると、人間関係が出てくるので、担当職員も大変苦労されているようです。

老人ホームで暮らすということは、あの世へ旅立つ準備期間でもあります。

老人ホームで長期間、暮らさなければならないのは、それなりに本人にとって苦しいことでもありますし、何よりも学ばなければいけない何かがあるわけです。

それは、「感謝」だと思います。

お世話してくれる施設の職員の方や家族に感謝する心を持つことです。

その結果が、いずれ仏となり、成仏できるのではないでしょうか。

その「感謝する心」を理解したうえで、あの世へ旅立てればいいのですが、理解できないまま旅立つと、成仏できず、その場をさまようだけとなりえます。

老人ホームにあまり長期間お世話にならないように、元気なうちから、体力づくりや健康管理をしておくことが、賢明な道であります。

健康寿命を延ばし、老人ホームにお世話になる期間を短くすることで、社会保障費も減額できるので、国家にとってもありがたいことです。

老人ホームに長期間お世話にならないように、日頃から意識して生活していきましょう!

待機老人とは

■老人ホームに入りたくても入れないと介護地獄が待ち受けます!

ニュースや新聞では、待機児童問題を取り上げることが多いですが、待機老人問題を取り上げるケースは少ないです。

待機老人とは、特別養護老人ホーム等に入所を希望しているが、なかなか空きが出ないために入所できない高齢者のことです。

厚生労働省の発表によると、待機老人の数は、全国で52万人。

なぜ、これだけの待機老人がいるかといえば、特別養護老人ホームの数が少ないということもありますし、特別養護老人ホームは民間の有料老人ホームよりも安価であるため、申込が殺到するためでもあります。

そのため、特別養護老人ホームに入所の申込をしても何年も待つことになります。

その待っている間も、家族が介護するので、負担がかかります。

入所を待っている間に症状が悪化して、お亡くなりになるケースもあります。

そのため、どうしても家庭で見ることができないが経済的に余裕がある場合は、民間の有料老人ホームへ入所することを検討するのもよろしいかと思います。

民間の有料老人ホームの場合、安くても月額20万円はかかります。

入所者本人に資力があるなら、貯金を切り崩しながら、資力がない場合は家族が負担しながら、数年間暮らすことになるので、資金面も準備しておく必要があります。

資金的に有料老人ホームの入所が厳しい方もいます。

その場合、地域包括センターに相談したり、介護保険のサービスを活用する等、専門家に相談したほうがいいです。

誰にも相談しないまま、介護地獄となってしまうと介護する側と介護される側の共倒れになり、孤独死に直結します。

介護が必要となる高齢者は増加が見込まれています。

要介護の高齢者を抱える家庭は施設に入所できれば、安心なのですが、入所できなかったときのことも想定しておかなければならない時代と肝に銘じておく必要があります。