お盆

お盆の準備を手伝ってもらいときは

■単身者や高齢者にとってお盆の準備は大きな負担ですから、ヘルプが必要です!

お盆の時期がやってきました。

お盆を自宅で迎える人や実家へ帰省して過ごす方もいることでしょう。

いずれにしても、お盆を迎えるにあたって、その準備をする方にとっては、非常に過酷です。

一番暑い時期でもありますので、お盆の道具を物置小屋から出してくる作業も重労働です。

当方も経験したことがあるので、わかりますが、作業をしていると、大粒の汗が流れてきます。

熱中症にも気を付けないと、無事にお盆を迎えることができません。

提灯の組立や飾りつけも案外、大変だったりします。

また、仏壇屋等でお盆セットを購入してくる必要もありますし、檀家の住職の他にも、家族や親族の来訪が予定されていれば、準備に気を遣うことがたくさん出てきます。

そのようなことで、お盆の1週間前から準備を始めることが多いのではないかと思います。

ただし、ひとり暮らしの方やシニアの方にとっては、お盆の準備は難しいというより、無理な方もいます。

それでも、どうしてもお盆の準備をしなければならないときは、どうすればいいのでしょうか?

昔なら、家族が手伝ってくれましたし、親しい隣近所の方や近くに住む知人や友人に手伝ってもらうこともできたかもしれません。

でも今は、それは難しいです。

ですから、有償であっても、業者に依頼するしかありません。

お盆の準備を手伝ってくれるのは、誰かと言えば、それは便利屋です。

便利屋なら、力仕事も問題ないので、お盆の道具を物置から出してもらったり、飾りつけを一緒にやってもらうこともできます。

作業というのは、一人で行うよりも、二人で行う方が効率が良いため、断然スピードが違います。

一人だと時間がかかることでも二人なら案外早くできるものです。

また、基本的には、作業内容による時間給ですので、1時間あたりであれば、それほど高額にはなりません。

ですから、時間的にも経済的にも便利屋に手伝ってもらうのが、合理的です。

また、介護サービスを利用している方で、ヘルパーに来てもらっている方の場合は、ヘルパーにお盆の準備を手伝ってもらう方法もあります。

経験したことある方なら、おわかりのとおり、お盆の準備は一人で行うのはやはり重労働です。

ですから、無理せず、お手伝いしてもらうことを検討してみてください。

新盆のお返しとは

新盆を迎える方にとって用意するものが、お返しです!

お盆の時期が近づくといつも思うことは、お盆の時期はいつだったかということです。

お盆の時期は、これまでにもお伝えしているので、もう皆さまお分かりだと思います。

お盆の時期は、毎年8月13日から16日までです。

13日は、「お盆の入り」ですね。

お盆になると、先祖の霊が帰ってくるといわれますが、今回、新盆を迎える方もいらっしゃると思います。

新盆とは、故人が亡くなって四十九日の後、つまり忌明け後に初めて迎えるお盆のことです。

「にいぼん・しんぼん」などと呼びます。

また、初盆(はつぼん)という場合もあります。

新盆は、故人の霊が初めて帰ってくるお盆ですので、家族や親族のほか、故人と親しかった方を招いて、特に手厚く供養を営みます。

そのため、新盆は、知人が突然お参りに来ることもあるので、その準備も考えておきます。

家に来ていただいて、お供えをいただいた場合、お返しをするのが礼儀です。

お返しの品の金額は、いただいたお供えの金額の半分から3分の1程度です。

新盆の香典は、5千円から1万円くらいですので、2千~3千円程度の品であれば、問題ありません。

なお、一般常識として、お返しの品は、消えるものを選ぶのが定番です。

なぜ、消えるものがというと不祝儀を残さないというためです。

ですから、食べ物が好まれます。

その中でも夏場ということもあり、人気があるのが、「そうめん」です。

他には、お菓子・ゼリー・のり・水ようかん等の日持ちするものが多いです。

中には、洗剤やタオル・石鹸を選ぶ方もいます。

なお、お返しを渡すタイミングは、帰り際にお渡しします。

また、郵送でお供え物をいただいたときは、2週間以内に郵送でお返し物を送ります。

また、お返し物には、のし紙を付けます。

のし紙の表書きには、「志」・「初盆志」・「新盆志」・「粗供養」等の文字を記入します。

さらに、お礼状も付けます。

新盆は、準備が大変なので、手伝ってもらえる方がいれば、お願いすることも検討してください。

お盆の準備ができないときは

■お盆の準備は、シニアにとっては辛くきびしいからこそ、無理しないことも大切です!

お盆の時期が近付きました。

会社でもお盆休みで1週間、長ければ2週間もお休みとなる方もいますね。

8月の一番暑い時期で社会人の夏休みともいえるのがお盆休みです。

しかしながら、本来、お盆とは、先祖や家族の御霊を迎える行事です。

行事であるがゆえに準備が必要なのは言うまでもありません。

しかし、事情により、お盆の準備ができない方もいます。

お盆の準備で大変なのは、飾り付けです。

暑い中、物置等からお盆の道具を出して飾りつけをする作業は、体に応えます。

ですから、どうしても一人で飾り付けができないときは、親族や友人知人やご近所さんの手助けがあっても構いません。

他にもヘルパーや便利業者を利用することもあります。

また、どうしても家庭の事情でお盆の用意ができないときには、寺院にその旨を伝えて、お寺で読経してもらう方法もあります。

また、迎え火や送り火ができないときは、心の中で迎えたり、送りだしたりしても構いません。

あとは、仏壇の掃除やお墓参りの際にお墓の清掃を行うことだけでも構いません。

お盆だからといって、必ずしも準備をしなければならないわけではありません。

お盆の準備は無理のない範囲で先祖の御霊をお迎えしてあげることで、自分自身も救われます。

念のため、お盆のタイムスケジュール(流れ)を確認しておきます。

・お盆前月

お寺への依頼、お墓参りと清掃、仏壇の掃除

・11~12日(お迎え始め)

飾り付け、お供え

・13日(迎え盆)

お墓参り、迎え火

・14~15日(盆中日)

お墓参り

・16日(送り盆)

送り火

以上です。

皆様楽しいお盆休みをお迎えください。

お盆の準備とは

■お盆の準備は計画的に行いましょう!

お盆の時期が近付きました。

会社でもお盆休みで長期間、お休みとなる方も多いですね。

大人の夏休みともいえるお盆休みですが、本来、お盆とは、先祖や家族の御霊を迎える行事です。

行事である以上、準備が必要なのは言うまでもありません。

しかし、せっかくの長期の休みにお盆の準備に時間を取られてしまっては、本末転倒です。

そこで、準備すべきことのタイムスケジュール(流れ)を確認しておきます。

・お盆前月

お寺への依頼、お墓参りと清掃、仏壇の掃除

・11~12日(お迎え始め)

飾り付け、お供え

・13日(迎え盆)

お墓参り、迎え火

・14~15日(盆中日)

お墓参り

・16日(送り盆)

送り火

以上です。

この中で大変なのは、飾り付けです。

一人で飾り付けができないときは、親族や友人知人の手助けがあっても構いません。

中には、ヘルパーや便利業者に手伝ってもらうケースもあります。

また、どうしても家庭の事情でお盆の用意ができないときには、菩提寺にその旨を伝え、お寺で読経してもらう方法もあります。

お盆だからといって、必ずしも準備をしなければならないわけではありません。

それでも、お盆の準備ができるのであれば、無理のない範囲で先祖の御霊をお迎えしてあげることで、自分自身も救われるのではないでしょうか。

楽しいお盆休みをお迎えください。

盆踊りの意義とは

■盆踊りは、なぜ行うのか考えたことはありますか?

お盆の時期が近づくと会社もお盆休みで長期間、お休みとなる方も多いです。

このお盆の時期に開催される伝統行事といえば「盆踊り」です。

でも盆踊りについて、なぜ開催されるのかということを深く考える機会はさほどありません。

盆踊りとは、盆の時期に死者を供養するための行事です。

平安時代から始まったと言われるので、長期間にわたり根付いている民俗芸能とも言える歴史があります。

本来は仏教の信仰行事でしたが、今では地域の町内会や自治会が開催する娯楽となっております。

盆踊りは、地域によっては8月15日の晩から踊り始め、16日の明け方まで踊り続けます。

それは、16日が盆明けということから、賑やかに踊って先祖を送り出すという意味もあるのです。

全国各地で盆踊りが開催されていますが、日本三大盆踊りがあるのをご存知でしょうか?

徳島の阿波踊り

岐阜の郡上八幡の郡上踊り

秋田の西馬音内盆踊り

阿波踊りが元は盆踊りだったというのは意外でしたが、盆踊りが大きな祭りになっているのは事実です。

今や国内だけでなく、アメリカや南米の日本人が多く居住する地域でも盆踊りが開催されています。

盆踊りを通じて、先祖の供養を行っているということを噛み締めながら、踊ってみるのもよろしいのではないでしょうか。