お知らせ

事務所開設25年となりました!

■おかげさまで開業して早25年です。

3月10日を持ちまして、事務所(行政書士FP武井事務所)を開設してから、ちょうど25年となりました!

25年といえば、四半世紀であり、ずいぶん長く続けてきたのだということになります。

それでもそんなに長くやってきたという自負もあまりありません。

ただ突っ走り続けて、いつの間にやら、ここまでたどり着いたというのが正直なところです。

開業の経緯を改めて申し上げると、大学在学中に行政書士と宅地建物取引士の資格を取得しました。

当初は、この資格を活かすことより、公務員試験を目指していましたが、どうも縁がありませんでした。

知り合いの方の援助もあり、思い切って、1995年の3月10日に行政書士として開業することになりました。

開業当初から、仕事が順調であったわけではありません。

この仕事は、独立開業しても食べていける人の方が圧倒的に少数派のきびしい世界です。

食えない時期ももちろんありましたが、それでも自己研鑽と修業は怠りませんでした。

私にとっての修行の最大の成果は、ホームページの制作でした。

2002年に事務所のホームページを立ち上げました。

当時は時間もあったので、たくさんコンテンツを作成しました。

その結果、少しづつですが、ホームページから集客することができました。

今やホームページは集客に欠かせないものとなりました。

現在のところ、6つのサイトを運営し、ページ数も総数で500は超えています。

いまだに時間があれば、コンテンツを作成しています。

また、講演活動や執筆活動にも取り組みました。

ホームページを通じて講演依頼があり、最初に公民館でエンディングノート講座の講師を務めました。

その講座用に作成したエンディングノートを書籍として出版しました。

さらに相続に関する本や終活に関する本も執筆しました。

その結果、メディアにも取り上げていただく機会が増えました。

週刊誌や月刊誌等の雑誌や地元の情報誌、相続に関するドラマの監修等、なかなかできない体験をさせてもらうことができました。

そして、25年の間に、たくさんの方とお会いすることができました。

一人ひとりの悩み事やお困りごとを解決するべく、努力と精進を重ねてまいりました。

その結果、おかげさまで、このように25年間も事務所を続けることができました。

「継続は力なり」と申すように、事業を行う上で最も重要で難しいことは、継続することに他ありません。

誰でも開業したての頃は、情熱にあふれています。

しかし、事業を継続するためには、情熱だけでは足りません。

もちろん、自己研鑽と修業は不可欠です。

そのうえで、知恵と工夫(戦略性)が必要です。

その結果として、今があるのだと思います。

開業当初に掲げた目標は、「事務所を50年続けることです。」

何の自信も根拠もなく掲げた目標ですが、石にかじりついてでも続けていこうと決心したわけです。

25年続けたと言っても、この目標の半分にようやくたどり着いただけです。

ここから先もさらに磨き続け、新たなことにも挑戦してまいります。

今後とも、当事務所をよろしくお願いいたします。

週刊現代の特集記事に掲載されました!

■週刊誌に孤独死の専門家としてコメントが掲載されました!

週刊現代の2020年2月15日号の特集「最後まで自宅を売ってはいけない」という記事に孤独死の専門家として、当相談所のコメントが掲載されました!

世の中に孤独死の専門家といわれる方は、ほとんどいません。

ましてや行政書士やファイナンシャルプランナーで孤独死に取り組む方など皆無です。

そのような状況にもかかわらず、当相談所に孤独死に関する取材のご依頼をいただきました。

今回の記事には、慣れ親しんだ自宅を売却して、小さなマンションへと移り住むことのリスクについて取り上げられています。

子供が独立して夫婦二人だけとなった方や配偶者に先立たれて単身者になった方等が想定された内容です。

担当の記者の方に取材を受け、掲載となりました。

詳細はぜひ、ご一読いただきたいと思います。

実は、週刊現代に掲載されるのは、今回で2回目です。

10年前に掲載された時も驚きでしたが、再度掲載していただけるとは、とても光栄なことです。

それにしても、今回の特集は、超単身社会を反映したとてもタイムリーな企画で、興味深いものです。

特集全体を読んでもらうと、老後の住まいはどのようにすべきかという不安を持つ方に役立つ内容であると思います。

ぜひとも、週刊現代2020年2月15日号をご一読ください。

仏教雑誌「大法輪」に掲載されました!

■仏教雑誌に掲載される相続の専門家とは

今回、大法輪の2019年7月号の特集「独りの生き方・死に方」の中の「潔く死ぬためにやっておく手続き」をいう記事を当相談所が執筆し、掲載されました!

大法輪という雑誌をご存知でない方もいると思いますので、詳細を述べると、この雑誌は、昭和9年に創刊された仏教に関する月刊誌です。

宗派は問わないので、仏教全般について、わかりやすく詳細な記事が多いです。

仏教界では、有名な雑誌です。

大きな書店には必ずと言っていいほど置かれています。

仏教雑誌に相続の専門家として、掲載されるということはとても光栄です。

今回の記事には、単身者の相続の困難さや終活、エンディングノート、遺言、成年後見制度について記載しています。

詳細はぜひ、ご一読いただきたいと思います。

それにしても、今回の特集は、時代を反映したとてもタイムリーな企画で、興味深いものです。

当相談所の記事だけでなく、特集全体を読んでもらうと、一人暮らしの方には役立つ内容であると思います。

今後の生きていくための指針や励みをもらえるのではないかと思います。

今や単身者が増加する超単身社会に突入しています。

今回の原稿執筆が、単身者の人生の一助になれば幸いです。

ぜひとも、大法輪2019年7月号をご一読ください。

雑誌ビジネスチャンスにシニアライフサポートセンターが掲載されました!

■シニアライフサポートセンターが雑誌「ビジネスチャンス」に掲載されました!

当相談所が主体として運営しているシニアライフサポートセンターがビジネスチャンスという雑誌に掲載していただきました。

文字通り、ビジネスチャンスがありそうな産業や話題となっている企業を取り上げている雑誌です。

これから起業する方やすでに起業している方にもご愛読されている雑誌です。

2か月に1回発行されています。

このビジネスチャンスの2019年6月号の「超優良シニア向けビジネス大特集」というコーナーでシニアライフサポートセンターが紹介されています。

お墓参り代行サービスを行っている企業や団体として取り上げていただきましたが、当団体は、高齢者の頼りになる生活支援を行う団体であるという記事になっています。

1ページの紙面の半分の大きさで取り上げていただきました。

シニアライフサポートセンターは、今後もさらなるシニア向けの生活支援事業を展開していきます。

ぜひ、ビジネスチャンスをお買い求め、ご購読いただきたいと思います。

孤独死防止セミナーの講師を務めます!

■孤独死防止セミナーとは一体なんぞや?

終活サポート湘南主催による「孤独死防止セミナー&相談会」が開催されます。

そしてセミナーの講師として当職が務めることになりました。

孤独死防止セミナーといっても、聞いたことがない方が大半だと思います。

このようなセミナーを行っているところは現在のところ、ほとんどありません。

それでは、一体どんなセミナーなのか概要をお知らせします。

今回の企画は、著書「孤独死防止のための終活実践ガイド」に記載した内容をベースにしています。

内容としては、

・孤独死の現状と今後

・孤独死の定義

・孤独死の問題点と原因

・孤独死が発生するとかかる費用

・孤独死予備軍

・孤独死の3大チェックポイント

・なぜ終活を行うことが孤独死防止に繋がるのか 等

上記の内容についてお話しさせていただきます。

「孤独死防止セミナー&相談会」開催概要

開催日:平成29年10月21日(土)

時 間:13時から15時まで(開場12時30分)

場 所:ひらつか市民活動センター 2階 研修室

    アクセスはこちら

申 込:メール・電話・ファックスいずれも可(先着30名)

ご来場の方には、コンパクト版エンディングノートをプレゼントします。

また、当日は、著書「孤独死防止のための終活実践ガイド」の販売も行います。

ぜひ、奮ってご参加ください。