献体と臓器提供と尊厳死

尊厳死を公正証書にする意義とは

■尊厳死を希望する方は、公正証書にしておけば、安心です!

先日、公証役場にて、尊厳死宣言公正証書の作成手続を行いました。

現代医学では、治る見込みのない病気で苦しんでいる病人に対して、延命治療の実施しています。

延命治療を行えば、本人にとっても家族にとっても大きな負担がかかります。

そのため、延命治療をせずに自然なままで亡くなりたいという人間としての尊厳ある死を自己決定しようというのが尊厳死です。

尊厳死を希望しても、その旨を意思表示しておかなければ、延命治療が行われることになります。

「単なる延命治療は望まない」

「植物状態になったら生命維持装置を外してほしい」

「自然に死にたい」

これらの要望を確実に実行してもらうためには、どうすればいいのでしょうか。

それは、公正証書にしておくことです。

尊厳死宣言公正証書を作成しておけば、いざ、植物状態になったとしても、家族がその書面を医師に提示することにより、延命治療が行われることなく、尊厳死の意思が反映されます。

ですから、尊厳死を希望する方は元気なうちに公正証書を作成しておくことをおすすめいたします。

ちなみに、尊厳死宣言公正証書の文面は、ほぼ固定されたものです。

注意点としては、尊厳死宣言公正証書作成にあたり、家族の同意を得ておく必要があります。

尊厳死宣言公正証書を作成するための必要書類は、以下のとおりです。

□印鑑登録証明書(公正証書作成の日から3か月以内に発行されたものであること)及び実印
□運転免許証及び認印
□パスポート及び認印
□住民基本台帳カード(写真付き)及び認印
□その他顔写真入りの公的機関発行の証明書及び認印

上記5つまでのうちのいずれか1つをご用意ください。

尊厳死宣言公正証書の作成と同時に遺言や任意後見契約を作成する場合は、印鑑登録証明書が共通の必要書類となりますので、こちらをご用意ください。

また、公証役場での手数料は、11,750円となります。

終活において、尊厳死まで考えておく方は増えています。

ぜひとも、遺される家族や親族のためにも、尊厳死について考えてみるのもよろしいかと思います。

単身者の献体とは

■単身者で献体と納骨を希望する場合にすることとは

一人暮らしをしている方が増えていますが、そうした方から終活に関するご相談をいただく機会も増えています。

先日も一人暮らしの男性の方から、献体に関するご相談をいただきました。

自分自身が亡くなった後、大学病院へ遺体を献体したいのだが、そのあと、納骨までやってくれる大学病院はあるのか探してほしいという内容でした。

献体とは、医歯学系の大学での人体解剖学の研究に役立たせるために、遺体を提供することです。

献体を行うためには、家族全員の同意が必要不可欠です。

同意が必要な家族は、配偶者・親・子・兄弟姉妹などです。

でも、この方のように一人暮らしで、親や子もいない、兄弟姉妹もいないという方の場合は、本人の同意だけで献体を行うことが可能となります。

ですから、献体のあと、納骨まで大学で行ってもらえるとありがたいので、そのようなご相談をされたわけです。

お気持ちはわかるのですが、現実には大学は献体までは行いますが、納骨までは行いません。

そのことを依頼者に伝えたところ、納得してもらいました。

納骨は、近親者がいない場合は遺言と併せて、遺言執行者に依頼する方法もあります。

また、終活団体や寺院に相談してみるのもよろしいかと思います。

一人暮らしの方は、亡くなった後のことをきちんと生前に決めておくことで、遺される方の負担を軽減できますので、献体だけでなく、納骨に関しても事前に決めておくことが肝要です。

ホームホスピスとは

■人生で最期を迎える場所を考えておくことも大切なことです!

人生の終末期をどこで過ごすかということは、人生の締めくくりという意味でも重要なことです。

余命いくばくもない状況なら、病院で過ごすよりは、少しでも自分らしく最期を迎えることができるような施設を希望する方も増えています。

終末期の場合、やはりホスピス・ケアを検討する方も多いです。

そんな中で、今、「ホームホスピス」が注目されています。

ホームホスピスとは、民間のケア付き共同住宅です。

医療と介護が一つとなったホスピスケアのチームとして、がんに限らずあらゆる病気や障がいを持って生きることの困難に直面している人とそのご家族の生活を支援しています。

ホームといっても、単なる家でなく、安らぎを感じられるという点がコンセプトです。

第二の家のようにリラックスして、最後まで安心して過ごすことができる居場所をめざしています。

それは、施設を新たに立ち上げるのではなく、空き家の民家を有効活用しているためです。

また、地域に開かれているという点も大きな特徴です。

スタッフも家族のように接してくれます。

もちろん、家族とも一緒に過ごすことができます。

全国的にもホームホスピスの設立の動きが広がっています。

空き家対策としても大事なことです。

今後もホームホスピスに注目していきたいですね。

自宅で最期を迎えるためには

■最期の時は、自宅が理想ですが、そのためには対策が必要不可欠

終末期をどこで迎えたいかと聞けば、自宅と答える方が大半です。

しかしながら、現実は、病院で亡くなる方がほとんどです。

それでも、やはり自宅で最期を過ごしたいと思うのは、当然のことでしょう。

それならば、自宅で最期を迎えるためにはどうすればいいのでしょうか。

それにはやはり、家族の理解と協力がなくてはなりません。

終末期の場合は、ひとりでは何も出来ない状態ですので、付きっきりで見てくれる家族が必要ですね。

実際に終末期は、在宅の場合は、家族の誰かが世話をすれば、自宅で最期を迎えることは不可能ではありません。

ただし、精神的にも肉体的にも経済的にも相当の負担になることは間違いありませんので、そのようなことができる家庭は少ないでしょうね。

介護離職者も増えていますが、仕事を辞めてまで面倒を見てもらうということは、心苦しいことでもあります。

ひとり暮らしの方の場合は、孤独死となってしまいますので、万一に備えて、すぐに自宅に来てもらえる方を確保しておくことが大切です。

在宅看護を利用することも大切です。

いずれにしても自宅で最期を迎えるのは、周りに負担を与えてしまいます。

そのあたりを考慮して、最期を迎える準備を考えていく必要があります。

延命治療の是非とは

■延命治療の判断を家族に担わせるのは残酷です!

医療の進化とともに、寿命も延びています。

健康で長生きすることはいいことです。

しかし、治る見込みのない病気の状態や意識のない状態で、胃ろうなどにより、延命するということは、是非が別れるところです。

家族にとっては、どういう状態であっても生きていてほしいと考えるケースもあれば、かさむ入院費による経済的負担に耐え切れないというケースもあります。

とある新聞社のアンケート結果では、自分自身は、延命治療を望まないという人が70%超あるのに、家族の延命治療を望まないという回答は、30%程度です。

この結果からわかるように延命治療を拒否するということを家族に判断させるということは、酷なことです。

だからこそ、延命治療を拒否したいという意思を元気なうちに遺しておくことが必要なのです。

尊厳死の宣告書を作成しておくことをおすすめします。