家族論

実家に帰ることが出来なくなった人とは

■実家に帰れないということは後の人生は自己責任です!

誰でも子供の頃に住んでいた家には、思い出があります。

今も住み続けている人もいれば、家を出て、独立されている方もいます。

家を出ている方は、いくつになっても、実家に対して思い入れというものがあるのではないでしょうか。

しかし、人生のどこかで家族との縁が切れてしまう方がたくさんいます。

進学や就職などで若いうちに、家を出てしまい、家族と疎遠になる方もいます。

そうすると、実家へ帰る機会というのが、なくなってしまいます。

また、実家の方は、長男や長女等が実家を両親と同居していたりすることもあれば、あるいは、両親が他界していれば、その実家は、長男や長女等の家族が跡を継いでいたりもします。

そうなると、実家には、行きづらくなります。

また、両親や兄弟姉妹と絶縁になるほどの喧嘩や争いごと、非行や不法行為に走った場合は、実家に帰ることはできなくなります。

最近、流行りの毒親がいる場合、顔も見たくないような関係であるので、実家があっても帰ることはあり得ません。

当方がこれまで見てきた事例としては、やはり、相続に関する争いがきっかけで、兄弟間の関係が気まずくなり、実家に帰ることができなくなったケースをよく見ています。

上記以外にも、実家の荷物を勝手に運んでしまったり、庭木の剪定を無断で行う等の財産侵害行為により、実家から追放処分されるケースもありました。

また、実家を相続する者がおらず、空き家となり、売却してしまうケースもあります。

いずれにせよ、実家に行くことができなくなるというのは、自分自身のルーツを辿ることができなくなることであり、両親や兄弟姉妹との縁が切れてしまい、頼ることができなくなっているということです。

自分のルーツが閉ざされたということで、自分自身の存在意義を考えさせられることもあります。

親や兄弟姉妹からの支援や付き合いは一切なくなるわけですから、退路を断つ気持ちで、自分の人生を切り開く必要があるということです。

もちろん、実家がなくても生きていけるのですから、後ろ向きにはならず、前を見て生きていくしかありません。

実家に行くことができないのは、寂しいことかもしれませんが、あとのことは、他の兄弟にまかせて、自分の今の家族を大切にしていくことに専念すべきです。

未婚の母と結婚するリスクとは

■未婚の母と結婚するといきなり子持ちになりますが、それでも生活できますか?

FPとして、結婚に関するご相談をいただきました。

60代の母親からのご相談で、30代の息子が、突然、結婚したいと言い始めたそうです。

どんな相手かと聞いたところ、まだ1歳の子をもつ30代の未婚の母だったとのことです。

それを聞いて、相談者は、やめるべきだと息子に説得したが、どうしてもその未婚の母と結婚したいと言い続け、聞く耳を持たないそうです。

どうしたらいいのかということでした。

まず、その相談者の息子に関しては、性格的におとなしいようで、これまで、女性との付き合いもなかったそうで、今回のチャンスを逃したくないということでした。

ただし、その息子は、相手の未婚の母のことが、それ程好きではないということでした。

また、未婚の母は、住む家がなく、親戚の家にずっと居候させてもらっている状況で、仕事もパートのようで、生活状況は苦しいようです。

このような内容ですと、まずお互いに結婚による生活や精神の安定を求めているという利害が一致しているため、結婚に向けて、走り出していると思います。

相談者の息子も社会性に乏しいようで、人付き合いがうまくないためか、視野が狭まっています。

確かに結婚するチャンスではありますが、未婚の母と結婚するというのは、ものすごく大きなリスクがあります。

なぜかというと結婚すると、いきなり子持ちになってしまいます。

自分の子ではないので、愛情が注げるのか、あるいは、育てていけるのか、よく考えるべきです。

また、いざ結婚しても、愛情があるわけでもないような相手であれば、生活感や価値観の違いが生じて、ぶつかり合うことになる可能性が大です。

そのときに、夫婦関係を継続させるだけのものがあるのでしょうか。

このようなケースでは、ひとたび、夫婦間に亀裂が生じると、あっという間に破局へつながりかねません。

また、未婚の母側も、本気ではなく、その息子の収入や住む家をあてにしているだけなのかもしれません。

つまりは、ぶら下がりを狙っているのです。

ひとたび、一緒に住み始めると、息子や相談者までもが邪魔者扱いされて、居座れるだけの関係になる可能性も十分あります。

ですから、今回、未婚の母と結婚するというのは、諦めさせるために何をすべきかのかをアドバイスしました。

息子がどうしても結婚がしたいのならば、相談者が婚活に向けて動き始めてはどうかと助言しました。

民間の結婚相談所の会員になる等の方法により、別のお相手探しを始めてみることにより、息子の視野が広がると思い、未婚の母との結婚を諦めるのではないかと思います。

もちろん、怪しい結婚相談所も多数ありますので、選別は重要です。

チャンスは当然現れることもあります。

少しでも自分磨きをしていれば、必ずや願いが叶ったり、報われる時が来ます。

息子の将来のためにも、相談者は、道を誤らないように見守ってもらいたいものです。

里親制度を利用するために必要なこととは

■子のいない夫婦が子育てをしたいなら、ぜひ里親になってください!

少子化社会が進行しています。

子供が増えないのは、結婚したくてもできない人が増えているためです。

経済的な理由が大きいですが、出会いが少なくなっているためでもあります。

それでも、結婚したカップルはたくさんいるわけですが、結婚の晩婚化に伴い、子宝に恵まれない夫婦もたくさんいます。

高額で肉体的にも精神的にもつらい不妊治療を行った結果、子供ができず、諦めてしまう夫婦も見受けられます。

残念なことですが、子育てをどうしても諦めたくない方は、ぜひとも利用してもらいたい制度があります。

それは里親制度です。

里親制度とは、親が事情により、子育てができないため、家庭で暮らすことができない子供を自分自身の家庭に迎え入れて育てていく制度です。

子供にとっては、家庭は愛着と安らぎを持てる場であり、教育上も必要不可欠な場であります。

そのような家庭での愛情や教育を受けるためには、親の代わりとなる人が必要なのです。

里親になるためには、子育ての経験の有無は必要とされていません。

25歳以上の方であれば、どなたでもなることはできます。

もちろん、高齢者でもいいですし、夫婦でなくてもなることができます。

ですから、子宝に恵まれなかった夫婦であれば、問題ありません。

ただし、以下の要件は必要です。

1.子供に対する愛情や子育てに関する情熱

子育ての経験のある方なら、お分かりになると思いますが、子育ては、人生の一大事業であると言っても過言ではありません。

ですから、子育てには、情熱や忍耐力も必要とされます。

2.経済的に困窮していないこと

子育てには、お金もかかります。

したがって、経済的に余裕がない方は、里親になるのは難しいです。

3.里親研修を受けること

里親になるためには、都道府県知事の指定による養育里親研修を受講する義務が生じます。

4.里親本人や同居人に欠格事由に該当しないこと

里親になってから、トラブルが発生するケースもありますので、問題のある人物は里親にはなれません。

いざ、里親になってみたいと思う方は、児童相談所にお問い合わせください。

その後、面談、家庭訪問等が行われます。

里親と児童との相性などを見ながら、問題なければ、正式に里親としてスタートします。

なお、里親と児童は、法律的に親子関係はありません。

里親には、大きく分けると2種類あります。

それは、養子縁組を前提とするのか、しないのかです。

養子縁組を前提とする場合は、実親が養育不能であったり、親権放棄を前提としています。

養子縁組にも普通養子縁組と特別養子縁組があります。

普通養子縁組の場合は、実親との縁は切れず、養親として、子育てを行います。

子が15歳未満なら、特別養子縁組により、実親との縁が切れ、実子扱いとなります。

養子縁組を行うことにより、里親から法律上の親子へ進展するので、責任も大きくなります。

一方、養子縁組を前提としない場合は、養育里親となります。

養育里親の場合は、子が実親の元へ帰るまでが養育期間となります。

状況次第で、養育期間も異なります。

長期間の養育期間になるケースもあり、場合によっては、養子縁組を行うことも可能です。

里親制度の最大のメリットは、里親手当てが支給されることです。

その意味で、子育てに対する経済的負担は軽減されます。

ちなみに養子縁組した場合は、里親手当の支給はありません。

里親制度をよく理解したうえで、里親になってみたいという方は、児童相談所にお問い合わせください。

子育てをすることで、人生観も変わりますし、人生が豊かになります。

子の成長が、何よりも自分自身の成長となるでしょう。

別居母親とは

■母親にとって育児をしないで子供と別れることは辛い現実が待っています!

社会情勢の変化により、家庭環境にも大きな変化が表れています。

家庭内の問題で増えているのが、離婚です。

今や離婚すること自体、珍しいことでもなければ、罪悪感もないのも事実です。

好きで一緒になった夫婦が、時を経て、考え方や生き方の相違、あるいは経済状況の悪化、親族関係の悪化などにより、価値観や生活状況が変わったため、別れることになるのは、当然の結果です。

離婚は夫婦間だけなら問題ないのですが、子がいる場合には、親権が絡んでくるので、夫婦それぞれの立場や状況により、対応も異なります。

一般的には、子がいる夫婦が離婚した場合は、90%くらいの確率で、母親が親権を取ります。

これは、子育てを担当しているのが母親が中心という家庭が多いのに起因しています。

子育ては、女性が向いているというのも事実ですから。

いわゆる「母性優先の原則」が働いているわけです。

一般的には協議離婚の際に、夫側は、養育費の支払いや面会交流等の条件を整えてから離婚しますが、現実は養育費を支払いをしなかったり、途切れてしまうケースが多いです。

ですから、シングルマザーに貧困家庭がが多いのも頷けます。

しかしながら、離婚の際に夫側が親権を取ることも圧倒的少数派ながら、あるのも事実です。

いわゆるシングルファーザーとなって、子育てをしていく男性のことです。

父子家庭として生きていくのは大変ですが、頑張っている方もたくさんいます。

父子家庭が発生するということは、離婚により、親権を取れなかった妻側も当然ながら少数派の扱いとなります。

離婚で親権を取れなかった妻のことを「別居母親」といいます。

別居母親というネーミングは、いいイメージを持てませんので、適切とは思いません。

それよりも離婚で妻側が親権を取るのが当たり前と思い込んでいる方が非常に多いのも事実です。

ですから、親権を取れなかった妻は、親族間だけでなく保育園や幼稚園、学校等で噂話が広がって、世間から冷たい視線を浴びることも多いです。

なぜ親権を取ることができなかったのかと、直接聞かれることは少なくとも、問題のある母親であるというレッテル貼られてしまうのも事実です。

事情は人それぞれですが、元妻として子の親権を取れなかった理由としてあげられるのは、

1.不貞行為

不倫や浮気に走る方もいますので、その相手と一緒になる場合、子が邪魔になることもあるので、親権をあえて取らないという方もいます。

中には、新たな自分の夢や目標ができたため、子育てを断念して、離婚するケースもあります。

2.病気や事故

子育てには、体力と気力も必要ですが、元々体が弱かったり、病気や障がいを持っている場合は子育てをすること自体が難しいです。

離婚すれば、育児だけでなく、ひとり親として仕事もしなければ生活できませんが、病気を持っているとそれも難しいです。

中には、子育てのストレスから、ギャンブルや酒に溺れてしまう方もいます。

交通事故やトラブルに巻き込まれてしまい、子育てができなくなった方もいます。

3.夫側の家族の意向

夫やその両親、兄弟等の親族が絶対に親権を妻側に渡さないという強固な対応に出た場合、夫側が子供を渡さず、そのまま生活していると「監護の継続性」という点が考慮され、裁判を行っても親権が夫側に行きます。

別居する際に子を預けたままにしておくと取り返すのは難しくなります。

以上です。

子供を産んだ方にとっては、親権を取れなかったということは、子供と離れたという重い現実に直面するだけでなく、母親失格という目で見られることも多いので、生きづらく感じられます。

それでも、面会交流等を通じて、子供と再会することもできますし、SNSでつながることもできます。

世間のバッシングを気にしていたら、何もできません。

不本意にして子育てを離れることになったとしても、子を思う気持ちは持ち続けて、新たな人生を歩むことに専念してください。

「親はなくとも子は育つ」というように、いつまでも過去に固執せず、未来を切り開くという覚悟が求められます。

親戚づきあいが終わる時とは

■親戚づきあいは煩わしいものであり、トラブルになることもあるのです!

世の中、生きていくうえで、家族以外にも、ご近所や町内会、子供がいれば、学校や子供会、友人知人など様々な付き合いがあるわけです。

楽しい付き合いもあれば、義理で仕方なく付き合っていることもあります。

様々な付き合いの中で、微妙な距離感の付き合いがあります。

それが、親戚づきあいです。

親戚は、両親や祖父母の兄弟姉妹の親族等、生まれた時から付き合いのある人もいれば、兄弟姉妹の親族等の元は他人であっても、婚姻関係により、親戚づきあいが始まる人もいるわけです。

親や祖父母の兄弟同士で仲が良くて、冠婚葬祭以外の場でも家族同士で集まったりして、にぎやかになるのは結構なことです。

親戚でも家の距離が近ければ、会う機会も多いかもしれません。

ただし、親戚づきあいは節度を持って付き合わないと苦痛になったり、トラブルになったりすることもあります。

声を出して付き合うのを遠慮したいと言うことができないので、仕方なく付き合うこともあったりします。

慣れ親しんでいる親戚は様子がよくわかるのでいいのですが、新たな関係で始まった場合は微妙です。

最初の頃は、相手の様子を見ながら、表面的な取り繕いで話していますが、気が合う、合わないがやはり出てきますので、そこで距離感が出てきます。

話が合わないと思えば、冠婚葬祭等で集まる機会があっても話をせず、会釈程度で十分です。

また、親戚とはいえ、子供同士は、必ずしも仲がいいとは限りません。

そのため、大人になると、交流が少なくなったり、全くなくなることもよくあります。

地域によって異なりますが、親戚づきあいが多い所もあれば、全くないということもあります。

そんな親戚づきあいですが、時間の経過とともに関係が切れてしまうこともしばしばあります。

関係が切れる要因としては、

1.すれ違い

親戚同士で会うので、話をしても、生活レベルや教養の差などにより、話が合わないこともあります。

そのような方とは、表面的な付き合いですから、次第に連絡を取り合うこともなくなりますので、ごく自然に縁が切れていくものです。

2.トラブルの発生

親戚同士であっても、金銭問題・不法行為・犯罪行為・名誉棄損などが発生してしまうと、けんかになります。

金銭の貸し借りは絶対にダメです。

また、誹謗ややっかみのメールや手紙を送りつける等はもってのほかです。

ニートやひきこもりがいると段々距離が離れていきます。

犯罪者が出れば、言語道断です。

そのようなトラブルが発生すると、あっという間に縁が切れてしまいます。

3.介護や育児

親戚同士といえ、介護や育児をきっかけに関係が切れることもあります。

はじめのうちは、お手伝い程度で協力的でも、段々負担感が出てくると、生活に支障が出てくるので気まずくなり、けんかになります。

4.遺産相続

親戚同士で一番気まずくなるのは、相続です。

どんなにそれまで仲良く過ごしていても、遺産分割協議でもめると関係の修復は無理です。

裁判にまで発展してしまうケースもあります。

親戚づきあいは、案外難しいものですが、付き合うこと自体は、強制でも義務でも何でもありません。

親戚だからといって、気の合わない人と付き合うことに何の意味などありません。

ましてや自分にとって有害で迷惑な人物であれば、絶対に付き合ってはいけません。

時間がある方ならまだしも、現役世代で多忙な方なら、せっかくの休日をつぶしてまで、付き合う意味があるのか、検討してみるのもいいと思います。

ですから、無理してまで付き合う必要はありません。

付き合いたくないなら、スパッと切ってしまうほうが楽です。

縁の切り方ですが、電話に出ないようにしたあと、着信拒否設定にするのもおすすめです。

LINEならブロックしてください。

郵便物や贈答品が来ても、相手にしないことです。

引っ越すと住所が不明となるので、それもありです。

強力な縁の切り方は、離婚することです。

死別された場合は、死後離婚という手もあります。

私自身も体験したから、断言できます。

煩わしい親戚関係も断捨離してみることをおすすめします。