遺言作成の費用とは

■遺言を作成するうえでどうしても気になる作成費用とはどれくらいなのか

事情や訳があって、遺言を作成される方も少しずつですが、増えています。

それでも、遺言を作成する人は、全体的にはまだまだ少ないのが現状です。

なぜ、遺言を作成する人が少ないのか。

その要因としては、遺言を作成するうえでその費用が心配のようです。

結構かかるのではないかとお思いの方もいらっしゃいます。

でも結論からいえば、遺言の作成にかかる費用とは、それほど高額ではありません。

ましてや自筆証書遺言なら費用はかかりません。

しかしながら、書き方を間違えると無効となりますし、検認の手続が必要であったりするので、専門家としては、おススメできません。

やはり、公正証書遺言を作成すべきです。

公正証書遺言の場合、公証役場に支払う手数料も、

財産の総額が

1,000万円までなら、28,000円

3,000万円までなら、34,000円

5,000万円までなら、40,000円

1億円までなら、54,000円

これくらいならば、高いとはいえませんね。

生命保険に加入するよりは、ずっと安いのです。

ぜひとも、遺言を作成したいという方は、公正証書遺言を作成してください。

当職もお手伝いいたします。

遺言作成手続代行サービス参照

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 遺言