遺言を踏みにじる相続人とは

■遺言者の想いをないがしろにするような行為をする愚かな相続人もいるのです!

遺言を作成する人は年々増加していますが、まだまだ少ないのが現状です。

以前、遺言の作成を依頼された方から、久しぶりに連絡をもらいました。

この方は、60代の独身男性です。

厳格な父親の下で、育ちました。

おとなしい性格で母親がかばう形で、暮らしてきたようですが、生涯独身のまま、仕事もリタイアしています。

父親はすでに亡くなっており、母親と二人暮らしでした。

その母親が遺言を作成したいということの相談に乗りました。

母親曰く、この男性の姉が遠方の自営業の方に嫁いだのですが、長い休みになると、自宅に押し掛けられ、お金を貸してほしいといつもせがまれて迷惑しているとのことでした。

そのため、自分が亡くなった後、相続で兄弟二人で争いになるのを危惧したため、全財産を同居のこの男性にあげるという内容の遺言を作成してほしいということでした。

必要書類の準備をして、無事に公正証書遺言の作成手続は完了しました。

それから数年して、この男性から連絡が来たわけです。

母が危篤になったそうですが、遺言の内容のとおり、手続しなければならないのか相談してきました。

聞くところによると、遺言の内容だと、自分の取り分が多すぎるので、姉と折半したいができないのかとのことでした。

当方は、「相続人全員の合意があれば、遺言の内容を無視して遺産分割協議を行うこともできる」とお話ししました。

せっかく母親が息子への想いを大切にして遺言書を作成したつもりだったにもかかわらず、この息子は、その想いを尊重していないどころか台無しにしようという気持ちが伝わりました。

仲良く暮らしていたはずですが、この男性は、どうも能天気なようで、自分自身の今後のことも何も考えていない様子でした。

結果的には、遺言を無視して、姉と遺産分割協議を行ったわけです。

したたかな姉と能天気なこの男性とでは、やはり一枚も二枚も姉が上手でした。

遺産分割は折半というわけにはいかず、姉の方が多くの財産を相続しました。

結果が見えていただけに、何とも言えない状況でしたが、これでは、何のために母親が遺言を作成したのかわかりません。

この男性が行った行為は親不孝であると思いますが、当の本人が納得しているのであれば、それは致し方ありません。

欲がないのも結構ですが、もっと自分自身のことや将来のことも考えて行動してほしかったです。

当方のアドバイスには耳も傾けてもらえず、残念でしたが、今頃、母親はどのように思っているのでしょうか?

「このバカ息子!」とあの世で怒っていることでしょうね。

親不孝なことをしていると、今度は自分自身に返ってきます。

この男性は、自分自身の老後や病気や介護が必要になったときにどうするのか、財産を誰にあげるのか、終活全般のことを何も考えていませんし、人付き合いもないので、孤独死のリスクが高いです。

なんともやりきれない内容でした。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 遺言