超高齢社会とは

■高齢化が進むと世の中が変わります!

日本の高齢化のスピードは著しいです。

2012年で、総人口に占める65歳以上の割合が、24.1%となりました。

人口としては、3,000万人を突破しました。

高齢化に関する定義として、65歳以上の方が人口に占める割合が

7%超で、高齢化社会

14%超で、高齢社会

21%超で、超高齢社会

ということで、現在わが国は、超高齢社会に突入したということになります。

特に2010年代は、団塊の世代ということもあって、今後も65歳以上の方が急激に増えることが予測されています。

2020年では、29%、2030年では、31%となります。

40%になるのも時間の問題ですね。

これだけ人口に占める割合が高くなれば、高齢者のことを考えた政策やビジネス、サービスがますます重要になってくるでしょう。

当然、そこに新たなビジネスチャンスも生まれてくるでしょう。

大変な時代ですが、今から、社会のニーズとシミュレーションを行っていく必要があります。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 家族論