親戚づきあいが終わる時とは

■親戚づきあいは煩わしいものであり、トラブルになることもあるのです!

世の中、生きていくうえで、家族以外にも、ご近所や町内会、子供がいれば、学校や子供会、友人知人など様々な付き合いがあるわけです。

楽しい付き合いもあれば、義理で仕方なく付き合っていることもあります。

様々な付き合いの中で、微妙な距離感の付き合いがあります。

それが、親戚づきあいです。

親戚は、両親や祖父母の兄弟姉妹の親族等、生まれた時から付き合いのある人もいれば、兄弟姉妹の親族等の元は他人であっても、婚姻関係により、親戚づきあいが始まる人もいるわけです。

親や祖父母の兄弟同士で仲が良くて、冠婚葬祭以外の場でも家族同士で集まったりして、にぎやかになるのは結構なことです。

親戚でも家の距離が近ければ、会う機会も多いかもしれません。

ただし、親戚づきあいは節度を持って付き合わないと苦痛になったり、トラブルになったりすることもあります。

声を出して付き合うのを遠慮したいと言うことができないので、仕方なく付き合うこともあったりします。

慣れ親しんでいる親戚は様子がよくわかるのでいいのですが、新たな関係で始まった場合は微妙です。

最初の頃は、相手の様子を見ながら、表面的な取り繕いで話していますが、気が合う、合わないがやはり出てきますので、そこで距離感が出てきます。

話が合わないと思えば、冠婚葬祭等で集まる機会があっても話をせず、会釈程度で十分です。

また、親戚とはいえ、子供同士は、必ずしも仲がいいとは限りません。

そのため、大人になると、交流が少なくなったり、全くなくなることもよくあります。

地域によって異なりますが、親戚づきあいが多い所もあれば、全くないということもあります。

そんな親戚づきあいですが、時間の経過とともに関係が切れてしまうこともしばしばあります。

関係が切れる要因としては、

1.すれ違い

親戚同士で会うので、話をしても、生活レベルや教養の差などにより、話が合わないこともあります。

そのような方とは、表面的な付き合いですから、次第に連絡を取り合うこともなくなりますので、ごく自然に縁が切れていくものです。

2.トラブルの発生

親戚同士であっても、金銭問題・不法行為・犯罪行為・名誉棄損などが発生してしまうと、けんかになります。

金銭の貸し借りは絶対にダメです。

また、誹謗ややっかみのメールや手紙を送りつける等はもってのほかです。

ニートやひきこもりがいると段々距離が離れていきます。

犯罪者が出れば、言語道断です。

そのようなトラブルが発生すると、あっという間に縁が切れてしまいます。

3.介護や育児

親戚同士といえ、介護や育児をきっかけに関係が切れることもあります。

はじめのうちは、お手伝い程度で協力的でも、段々負担感が出てくると、生活に支障が出てくるので気まずくなり、けんかになります。

4.遺産相続

親戚同士で一番気まずくなるのは、相続です。

どんなにそれまで仲良く過ごしていても、遺産分割協議でもめると関係の修復は無理です。

裁判にまで発展してしまうケースもあります。

親戚づきあいは、案外難しいものですが、付き合うこと自体は、強制でも義務でも何でもありません。

親戚だからといって、気の合わない人と付き合うことに何の意味などありません。

ましてや自分にとって有害で迷惑な人物であれば、絶対に付き合ってはいけません。

時間がある方ならまだしも、現役世代で多忙な方なら、せっかくの休日をつぶしてまで、付き合う意味があるのか、検討してみるのもいいと思います。

ですから、無理してまで付き合う必要はありません。

付き合いたくないなら、スパッと切ってしまうほうが楽です。

縁の切り方ですが、電話に出ないようにしたあと、着信拒否設定にするのもおすすめです。

LINEならブロックしてください。

郵便物や贈答品が来ても、相手にしないことです。

引っ越すと住所が不明となるので、それもありです。

強力な縁の切り方は、離婚することです。

死別された場合は、死後離婚という手もあります。

私自身も体験したから、断言できます。

煩わしい親戚関係も断捨離してみることをおすすめします。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 家族論