自死遺族とは

■自殺は遺された家族を苦しめます!

毎年、年間3万人の方が自殺で亡くなっています。

理由はいろいろありますが、自殺の場合は、亡くなった本人も浮かばれることはありません。

独断と偏見かもしれませんが、地獄に行くことはあっても、天国に行くことはありません。

現実逃避しただけに、死んだあとももっと苦しむと思います。

また、遺された家族もつらい状況となります。

自殺の場合は、家族も死因を公にすることができず、悲しみと向き合うこととなりますから。

このように、自殺で亡くなリ、遺された遺族を「自死遺族」といいます。

相談したい場合は、自死遺族を支える団体 もありますので、お問い合わせしてみてください。

つらい現実ですが、話を聞いてもらえるだけでも、気持ちが変わってくるのではないかと思います。

当職も相続を専門に行っていますが、まれに自殺された方の手続を行ったこともあります。

精神面でのサポートは難しいですが、相続手続に関するサポートはお手伝いできますので、ご相談ください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 家族論