終活年賀状とは

■年賀状の作成が負担と感じる方が行うべき儀式とは!

12月に入り、師走で慌ただしい日々を過ごしている方も多いかと思います。

12月になると、毎年、頭を悩ませることで思い浮かぶのが年賀状のことです。

年賀状を作成する方法やその負担は、人により異なります。

しかし、高齢になるとやはり年の瀬には勝てず、年賀状を作成するのが面倒になったり、億劫になったりする方も多いです。

そこで、年賀状に「今回限りで、年賀状を出すのを終わりにします」という文面を入れておく方が最近では増えています。

このような最後の案内となる年賀状を「終活年賀状」といいます。

終活年賀状といっても、特に決まった文面や形式はあるわけではありませんが、「高齢となり、年賀状を作成するのが困難となるので、来年からは年賀状を出すことはできません」といった内容です。

理由を書いてもいいですし、書かなくても構いません。

終活年賀状は、決して縁切り状ではありませんので、相手との関係を切る文面にするのは、いかがなものかと思います。

年賀状でのやり取りは難しくても、電話やメールでのやりとりなら、大丈夫であれば、関係性を継続させるのが得策です。

終活年賀状は、年賀状の存在を否定するものではなく、自分自身の年末の儀式の終了を告げるものであります。

終活ブームの中で、今や終活年賀状がブームになりつつあります。

相手に対して何も告げずに年賀状を突然辞めてしまうよりも、むしろ、親切なものであると理解することが寛容なことであります。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 終活