空き家の相続人調査とは

■空き家の所有者を探したいのなら、相続人調査が必要です!

空き家が社会問題となって久しいです。

空き家の数は2013年の時点で全国で820万戸もあります。

2033年には2200万戸と大幅に膨れ上がると予測されています。

そうなると空き家を放置しておくというだけでは済まされない状況となります。

空き家を有効活用するためには賃貸、活用しないなら手放して売却することになります。

賃貸するにしても売却するにしても、空き家の所有者が契約を締結することになるわけです。

ところが、今、空き家で問題となっているのは、空き家の所有者が誰だかわからないということなのです。

これは、所有者が亡くなり相続が発生しているにもかかわらず、手続を行わず、放置した結果です。

また亡くなられた方の相続関係(特に子がいない方)が複雑であったりするとそれだけでも厄介な話になります。

今の時代にこそ、空き家の相続人調査が求められています。

相続人の調査は、専門家でないと解決できない案件も多いです。

専門家に依頼すれば、相続人調査もスムーズに行うことができます。

また、その後の名義変更の手続も依頼できます。

当相談所も相続人調査代行サービスを行っております。

相続人調査代行サービス参照

空き家の相続人調査の事ならぜひご相談ください。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:ブログ 相続不動産