破産者の復権とは

■破産したからといって、人生が終わるわけではありません!

先日、電話で古物商の許可申請に関して、「破産してから10年経過したけど、欠格要件に該当するのか?」とのご質問をいただきました。

「破産者の復権」と言われてもすぐには思いつかず、よく調べたところ、破産法の255条に規定されています。

概略を述べると、以下の4点です。

1.免責許可の決定が確定したとき。

2.破産手続廃止の決定が確定したとき。

3.再生計画認可の決定が確定したとき。

4.破産者が破産手続開始後、詐欺破産罪の有罪判決を受けることなく10年を経過したとき。

つまりは、上記の4に該当するため、欠格要件に該当しないというのが回答です。

破産者でも復権していれば、問題ないということです。

勉強になりました。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 財産管理