相続財産の調査方法とは

■意外と難しい!相続財産を調べるにはどうすればいいのか

相続手続を行う際に、相続財産として何があるのか、はっきりとわからないというケースもあります。

そんなときは、相続財産の調査を行うことになります。

不動産に関しては、市区町村役場にて名寄帳で確認します。

不動産の所在地が明確に分からないような場合には、市区町村から郵送されてくる固定資産税の納付書を参考にします。

預貯金に関しては、通帳あればそれで確認します。

どの銀行に口座があるのかわからない場合、被相続人が預けていそうな銀行をあたってみることになります。

有価証券に関しては、株券があれば、それで確認します。

また、証券会社から定期的に報告書が届いていますので、その書面でも確認が取れます。

あるのかわからない場合は、証券会社をあたってみることになります。

当相談所では、相続財産調査サービス も行っていますので、ぜひご利用ください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 相続手続一覧