相続手続における生命保険会社の対応とは

■生命保険金の相続手続は相続人が保険会社に連絡します!

相続手続において、生命保険金の請求もあります。

受取人が指定されている場合は、遺産分割協議の対象とならず、問題ありません。

しかし、受取人が被相続人自身だったりした場合は、その相続人が受け取るので、相続手続となります。

相続が発生した時、生命保険会社に連絡するわけですが、そのとき相続人が連絡しないと対応してもらえません。

相続人以外のものが連絡しても一切対応してもらえません。

その点が、預貯金の相続手続と大きく異なります。

預貯金の手続の場合は、第三者(当職)が連絡しても応対してもらえますので。

相続手続を行うときに、タンスの引き出し等から、保険証券が見つかることもよくあります。

当職に問い合わせをいただいても、相続人でないので、対応してもらえないのは、歯がゆいですが、保険会社の決まり事なので、その点は、注意しながら進めなければなりません。

生命保険があるときには、その旨を相続人である依頼者にお話して、保険会社に連絡してもらうようにしています。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 財産管理