相続の専門家を選ぶポイントとは

■相続の専門家はたくさんいるけど、その見分け方を伝授します!

超高齢社会ということもあり、今や士業はこぞって、相続の分野に参入してきています。

ネット上でもホームページの検索をすれば、たくさんの専門家が出てきます。

ちなみに相続の専門家とは、行政書士・司法書士・弁護士・税理士・ファイナンシャルプランナー(FP)です。

また、広告を使う専門家も増えています。

ネット上の有料広告から新聞、雑誌、地域情報誌などのメディアに掲載している方もいます。

先日、郵便局に行ったら、同業者のチラシがあったのには、驚きました。

皆様が数多くいる専門家の中から、どの専門家を選ぶのか難しいと思います。

そこであえて選ぶポイントをいうならば、

1.実績

これまでの経験年数や本の執筆、メディア掲載など。

新人や実績の乏しい専門家はここが何も記載されていません。

2.サービス

相続手続全般はもとより、相続人調査だけあるいは、預貯金の相続手続だけでも対応してくれる等、きめ細やかで面倒見のいいところを選びましょう。

3.費用

報酬額が相続財産の~%というところは、財産が多いほど、高額な支払いとなります。

財産が多くても少なくても手続自体に大きな差はありません。

料金体系が明瞭な事務所を選びましょう。

相続手続は、一生のうちに何度も経験するものではありませんので、よい専門家を選ぶ目を持ってください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 相続手続一覧