異父兄弟の相続手続とは

■相続人同士が微妙な関係となる異父兄弟の相続手続とは

相続手続において、相続人の中に、母親は同じで、父親が違うケースもあります。

いわゆる異父兄弟です。

私見ですが、相続手続きにおいては、実の兄弟との違いは、微妙に距離があるということですね。

いくら兄弟といっても、一緒に暮らしたこともないケースもありますし、どこかよそよそしかったりします。

中には、何年も会っていないとか、連絡先も知らないということもあります。

そういう意味では、相続手続は難しいですが、そこをコーディネートしていくのが、相続の専門家の役目でもあります。

手間はかかりますが、慎重に進めていけば相続手続は完了することはできますので、お困りの際には、ご相談ください。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:ブログ 相続手続一覧