生涯独身の女性を支援することとは

■結婚が難しいと思ったなら、終活を始めてみませんか!

先日、ある懇親会にて、40代後半の女性とお話しする機会がありました。

現在、建設会社の事務職で一見すると、まじめそうで品格があるように見受けられました。

この方は、結婚歴がなく、母親と同居で二人暮らしをされているとのことです。

結婚していないのが不思議でしたが、話をしているうちに、なぜこの方が独身のままなのか、なんとなくわかりました。

この方は、お酒を飲むのが好きで、かなり速いペースでお酒を飲んでいました。

また、酔いが回ると、一人だけ大きな声で話を始めました。

はじめのうちは楽しそうな方だと思いましたが、場が進むにつれ、興ざめした感がありました。

確かに懇親会の場では、ムードメーカー的な役割で、場を盛り上げるかもしれませんが、とても家庭に収まるようなタイプではありませんでした。

スナック等の飲食業には向いているタイプといえば、わかりやすいでしょうか。

この方の他にも30代後半の女性ともお話ししました。

やはり、この方も独身でした。

この方の場合は、仕事に夢中になりすぎていて、プライベートには時間を割くことができないとのことでした。

話をしていると頭の回転は素晴らしいのですが、なぜかあまり魅力は感じませんでした。

キャリアウーマンとなり、仕事に没頭してしまうと、視野が狭くなり、その時はよくても、後になって、後悔する方もいます。

上記のようなタイプの女性で、生涯独身のままとなってしまうケースがよく起こりえます。

男性の場合は、独身貴族という言葉がありますが、女性の場合、独身のままでいて、独身貴族とは言いません。

結婚はいくつになってもできますし、独身でいること自体が決して悪いわけでもありません。

それでも独身のままで生きていく覚悟があるならば、ある程度の年齢を重ねたなら、自分自身の終活のことも考えなければなりません。

また、一人暮らしであるならば、孤独死対策についても考えておく必要があります。

その意味では、年齢を重ねた単身女性の生活には、リスクがつきものですから、先々のことを考えておき、困ったときにサポートしてくれる友人知人や支援団体を確保しておくことをおすすめします。

たとえ生涯独身のまま、人生を終えたとしても、支えてくれる人や団体がいれば、決して、ひとりぼっちの人生ではないということが実感できるのではないかと思います。

実際に80代の生涯独身の単身女性の支援を行っていますが、遺言を作成したり、任意後見契約を締結する等の終活を実践しています。

また、要介護者の場合は、ケアマネージャーとも連携してサポートしています。

そのような支援活動を担うべく、終活団体を運営しておりますので、お困りの方や将来に不安のある方は是非ご相談ください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 終活