生命保険を見直すメリットとは

■生命保険を見直すことで毎月の負担軽減になりますよ!

ひとり暮らしの70代の女性から、財産管理に関するご相談を受けました。

会社員として、働き続けましたが、体調を崩したため、定年前に自己都合で退職されました。

生涯独身のまま、自宅の持ち家で暮らしています。

収入は年金のみ。

収支は、赤字で貯金が減ってきていて、このままでは、どうなるのかと不安の様子でした。

そこで、当方は、財産に関するヒアリングと、資料の提示をお願いしました。

預金通帳を確認すると、気になった点がありました。

保険料が毎月3万円引き落とされていました。

保険証券も拝見したところ、がん保険に加入していて、死亡保障が1,000万円となっていました。

聞いたところによると、相談者の弟が保険の加入を勧めてきて、そのような保険に入ったそうです。

この相談者の場合、要介護になったときのための貯金が1000万円以上あります。

つまりは、有料老人ホームに入るだけのストックはあるわけです。

また、死亡保険金の受取人は、やはりこの弟になっていました。

この弟とは、以前にも金銭トラブルがあったそうで、保険金目当てで加入させたのが明白でした。

弟自身は費用の負担は一切しないで、保険金や遺産を受け取ることが目的なのです。

そこで、当方から、「この死亡保障はいらないと思います。医療保険の方は残しておいてはどうでしょうか。」と提案しました。

相談者は、その提案を受け入れ、保険代理店に連絡しました。

後日、代理店の方より、説明を受け、保険の見直しを行いました。

その結果、100万円超の保険の解約返戻金が入金されました。

また、毎月の保険料が3万円から1万4千円まで減額となりました。

月にして、1万6千円、年間19万2千円もの負担減ですから、年金暮らしの方の家計に占める割合は大きいです。

このことから、相談者も大喜びでした。

家計の見直しでは、支出の改善が求められます。

その中でも、保険の負担が大きくなっているケースも見受けられます。

ですから、生命保険の見直しを行ってみることで、本当に必要な保障だけに限定すれば、保険金の支払いの負担が軽減されます。

保険の見直しは、保険に精通したファイナンシャルプランナーに相談するのが、最適です。

家計が火の車になる前に、一度、保険の見直しの相談をしてみてください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 財産管理