準確定申告とは

通常の所得税の確定申告は、1年間の所得を計算します。

しかし、相続においては異なります。

自営業者は、相続する人が故人の1月1日から死亡日までの所得を計算し、申告しなければなりません。

サラリーマンの場合は、

・年収2,000万円以上

・雑所得が20万円以上

・2ヶ所以上から給与を受け取っている

・医療費控除を受ける

・住宅借入金控除を受けている

以上に該当する方は申告が必要です。

これを準確定申告といいます。

申告は死亡日からを知った日から4ヶ月以内です。

故人の住所地の所轄の税務署に提出します。

申告に必要な書類は、

□確定申告書

□死亡した者の所得税確定申告書付表

□死亡日までの決算書(源泉徴収表)

□生命保険・損害保険の控除証明書

□医療費の領収書等です。

相続手続一覧に戻る

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 相続手続一覧