弔電の打ち方とは

■いざというときに役立つ!弔電のポイントとは

以前、所属する団体の会員の母がお亡くなりになりました。

斎場が遠方ということもあり、会員でも足を運ぶことは難しいため、協議して、会として弔電を打つことにしました。

私自身も弔電を打つのは初めてのことで、そのやり方もわかりませんでした。

弔電のやり方は、「115」に電話するのが手っ取り早いですね。

オペレーターの方も親身に教えてくれました。

弔電の文例は、ある程度決まっていますので、その点はあまり深く考えなくても大丈夫です。

あとは、斎場の場所(住所地)、発信人の名前、宛名をヒアリングされます。

台紙は、弔辞用の無料のものから、別料金で押し花や水引、線香のついたものも選ぶことができます。

不幸の知らせは突然やってきます。

そのときに備えて、弔電に関する知識も頭の片隅に入れておいてください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 葬儀