延命治療の是非とは

■延命治療の判断を家族に担わせるのは残酷です!

医療の進化とともに、寿命も延びています。

健康で長生きすることはいいことです。

しかし、治る見込みのない病気の状態や意識のない状態で、胃ろうなどにより、延命するということは、是非が別れるところです。

家族にとっては、どういう状態であっても生きていてほしいと考えるケースもあれば、かさむ入院費による経済的負担に耐え切れないというケースもあります。

とある新聞社のアンケート結果では、自分自身は、延命治療を望まないという人が70%超あるのに、家族の延命治療を望まないという回答は、30%程度です。

この結果からわかるように延命治療を拒否するということを家族に判断させるということは、酷なことです。

だからこそ、延命治療を拒否したいという意思を元気なうちに遺しておくことが必要なのです。

尊厳死の宣告書を作成しておくことをおすすめします。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 献体と臓器提供と尊厳死