家族葬の時代とは

■現代葬儀事情を物語る家族葬とは!

以前にNHKの番組で、葬儀の特集が放送されていました。

今や、葬儀の主流は、「家族葬」とのことでした。

家族葬とは、一般の人に告知しないで、家族・親族だけで葬儀を行う方式です。

それでは、なぜ家族葬が増えているのでしょうか?

家族葬が増えている要因としては、

□葬儀にお金をかけない傾向にあること

□亡くなる方が高齢化していること

特に高齢化では、今や80~90代で亡くなる方が多く、その子供がすでに会社を退職しているケースが多いため、会社関係者が参列しないため、小規模となるのです。

先日、家族葬に参列しましたが、知っている人だけですと、落ち着いた雰囲気になりますね。

遺族にすれば、精神的な負担が減る点もいいかと思います。

そのような理由から、家族葬を支持されている方が増えています。

経済状況が上向かない状況が続く中、今後もますます、家族葬が増えることが予測されます。

そのためにも信頼できる葬儀社を事前に見つけておくことも大切です。

神奈川県葬儀社紹介サポートサービス参照

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 葬儀