住居表示変更証明書とは

■行政の都合で住居表示は変わるのです!

相続手続において、被相続人の住居表示が変更になっているケースもよくあります。

(例)平塚市中原123番地⇒平塚市中原3丁目2番1号に変更。

転居と間違われることもありますが、あくまでも住居表示の変更のケースです。

そのようなときは、住居表示変更証明書を取得します。

この証明書は、該当する市区町村役場にて交付されます。

転居ではないので、費用は無料です。

これは、行政側の都合で変更になったためです。

相続手続上、必要書類となってきますので、住居表示が変更になっていないかよく確認してみてください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 相続手続一覧