人工授精の結末とは

■晩婚化の影響が生まれてくる子の将来に及んでいます!

少子化社会の中で、人工授精で産まれてくる子供もいるのは、ご存知のことかと思います。

この人工授精で生まれてきた初期のころの子は、もうすでに65~75歳になっています。

日本国内でも人工授精で産まれた子は、約1万人もいるそうです。

この人たちが今何をしているのかといえば、自分の父親を探そうとしているわけです。

事実、人工授精で産まれた人の意見は、

・親の死亡や離婚で事実を知り、怒りを覚えた

・自分の半分がわからないので、生きるのがつらい

・人工授精の技術は中止すべきだ

これは、自分の親がわからないということは、自分のルーツもわからず、精神的におかしくなる人が多いという衝撃的な事実を物語っています。

人工授精はやはり、自然の摂理に反したものであり、このような結果を招くのも当然といえるのではないでしょうか。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 家族論