不動産投資の落とし穴とは

■安易に不動産投資を始めると痛い目に合いますので、ご注意ください!

相続税が改正されてから、相続対策が重要なのは事実ですが、相続税対策として、アパート経営や投資用マンションの購入等の不動産投資を行う方も増えています。

相続税対策は、相続税の節税を目的にしていますので、不動産投資を行うこと自体は相続税の節税に役立ちます。

しかしながら、不動産投資そのものは事業であるという認識が欠けてしまうと本来の目的を逸脱してしまいます。

特に投資用マンションの不動産投資の場合、そのマンションに住む方の目的やその生活状況をよく鑑みないと失敗してしまいます。

今の投資用マンションの置かれた状況を見てみます。

現在、都心では投資用マンションが急増しています。

不動産投資をしたい方のことを優先してマンションを建設しているケースが多い訳ですが、乱立してくると、今度は価格が下落してくることも想定されます。

そうなると、投資した資金の回収が難しくなるケースも当然増えてきます。

さらに今後、都心でも空き家が増加してきます。

戸建てが売りに出てくると、マンションから流れて戸建てに住む人も出てきますので、マンションへのニーズが減少してくることも予測されます。

また、団塊世代が2025年には後期高齢者となり、これまでの市場を担ってきた世代が大幅に退場するとなると、さらにニーズが落ち込みます。

次に不動産投資会社をよく選別する必要があります。

不動産投資会社にも問題のある業者が数多くいて、詐欺まがいの行為を行い、消費者を困惑させるトラブルが増えています。

昔からよくあるデート商法でマンションを購入させたり、最近ではサブリースでの家賃保証を巡るトラブルやクラウドファンディングで資金を集めてから、姿を消すこともあります。

電話での勧誘などしてくる業者はもってのほかで、信用するに値しません。

そのような悪徳業者につかまって失敗やトラブルも多いのが不動産投資の現状です。

それでも、不動産投資を行いたい方からは、安全性もあり、信頼できる業者が行っているところはどこなのかと聞かれることもあります。

そこで、相続よろず相談所では、業界でも信頼度が最も高く、すこぶる評判もよい不動産投資会社と提携しています。

そのため、相続税対策として不動産投資を行いたい方のために、安心できる「不動産投資サポートサービス」を行っています。

相続よろず相談所では、不動産投資においては、都心の中古ワンルームマンションをおススメしております。

ワンルームマンションでしたら、独身や単身赴任のサラリーマン等の需要が多く、なおかつ中古のため、新築よりもお手ごろな価格であるためです。

そのため、仮に空き室となってもすぐに次の入居者を見つけることが容易です。

不動産投資で成功して信用を得た方の場合、2部屋目・3部屋目のマンションを購入する方もいます。

不動産投資を行ってみたい方は、ぜひ一度、相続よろず相談所にお声掛けください。

提携業者と共に納得がいくまで、ご説明させていただきます。

不動産投資は事業であることを認識していただき、良心的な業者を選定できれば、今後の生活に潤いをもたらすことは間違いありません。

相続よろず相談所は相続税対策として不動産投資を行いたい方に対するサポートを行っています。


関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 相続不動産