ヤングケアラーとは

■若くして介護という重荷を背負って生きている人もいます!

要介護者が500万人もいる時代。

介護で大変な思いをしている方もたくさんいることでしょう。

そんな中、若くして、親や祖父母等の介護に携わらなくてはならない事情を持った方もいます。

そのような方を、「ヤングケアラー」といいます。

ヤングケアラーは、10代から20代の方で、まだ学生の方や定職に就いていない方もいます。

介護を抱えているがために、進学や就職活動もままならない状況です。

また、周囲に家庭の事情を話すこともためらっているため、悩みを抱えたまま、苦しい生活を強いられています。

介護のために、人生を棒に振るようなことがあってはならないと思いますが、難しい問題でもあります。

若いために介護に関する知識やサービスもわからないのではないかと思います。

介護の専門家や地域の包括支援センター等にも相談して、少しでも負担軽減できるように努めてもらいたいと思います

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 介護と看病