ペット信託とは

■独居の方でペットを飼っている方は、事前の対策が必要不可欠です!

ひとり暮らしの方が増える中で、さびしい生活に潤いを与える存在とも言えるのがペットではないでしょうか。

ペットが単なる動物以上の家族と同様に思う方も少なからずいます。

そんな大切なペットですが、独居の方の場合、もしもの時がある場合、ペットを見ることができなくなります。

最悪の場合、ペットもそのまま他界してしまう悲劇が訪れてしまいます。

そのようなことにならないように飼い主とペットのための保険ともいえる役割を果たすのが「ペット信託」です。

ペット信託とは、万が一に備え、飼い主が飼育費を信託しておくことです。

飼い主が病気や入院、介護施設入所等でペットの面倒を見ることが出来なくなったとしても、ペットの飼育費は信託財産から支払われます。

また、信託管理人が新たな飼い主や預り施設を決めてくれるので、ペットは安心して過ごすことができます。

このようにペットに対する将来にわたる安心を提供するしくみです。

独居でペットを飼っている方なら、ぜひペット信託を利用する価値はあります。

ペットに関しては、遺言や負担付贈与という手法もありますが、ペット信託のほうがより安心と言えます。

今後、ペット信託が普及することが望まれます。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:ブログ 財産管理