エンバーミングでの遺体の衛生保全とは

■今や葬儀に欠かせないエンバーミングとは

最近、亡くなったあと、エンバーミングを行うケースが増えています。

エンバーミングとは、遺体の衛生保全のことです。

エンバーミングを行う理由は、遺体の状態を保つことや修復することができるためです。

通常、亡くなると、数時間で、遺体の腐敗が始まります。

通夜・告別式まで少し日数があるときなど、腐敗を抑えるために、殺菌・消毒などを行うのです。

具体的には、遺体の体液を交換することで、遺体の状態を保つことができるのです。

費用的には、15~25万円です。

私事ですが、うちの親類が亡くなったときもエンバーミングを行ってもらいました。

亡くなった日に遺体を一時預けて、その日のうちに、運んでもらいました。

表情を見ると穏やかで眠っているようで、亡くなっているようには見えませんでした。

エンバーミングは、これからの葬儀には、欠かせないものとなるかもしれませんね。

関連するページを見る: ,

同じ分類のページを見る:ブログ 葬儀