お盆の準備を手伝ってもらいときは

■単身者や高齢者にとってお盆の準備は大きな負担ですから、ヘルプが必要です!

お盆の時期がやってきました。

お盆を自宅で迎える人や実家へ帰省して過ごす方もいることでしょう。

いずれにしても、お盆を迎えるにあたって、その準備をする方にとっては、非常に過酷です。

一番暑い時期でもありますので、お盆の道具を物置小屋から出してくる作業も重労働です。

当方も経験したことがあるので、わかりますが、作業をしていると、大粒の汗が流れてきます。

熱中症にも気を付けないと、無事にお盆を迎えることができません。

提灯の組立や飾りつけも案外、大変だったりします。

また、仏壇屋等でお盆セットを購入してくる必要もありますし、檀家の住職の他にも、家族や親族の来訪が予定されていれば、準備に気を遣うことがたくさん出てきます。

そのようなことで、お盆の1週間前から準備を始めることが多いのではないかと思います。

ただし、ひとり暮らしの方やシニアの方にとっては、お盆の準備は難しいというより、無理な方もいます。

それでも、どうしてもお盆の準備をしなければならないときは、どうすればいいのでしょうか?

昔なら、家族が手伝ってくれましたし、親しい隣近所の方や近くに住む知人や友人に手伝ってもらうこともできたかもしれません。

でも今は、それは難しいです。

ですから、有償であっても、業者に依頼するしかありません。

お盆の準備を手伝ってくれるのは、誰かと言えば、それは便利屋です。

便利屋なら、力仕事も問題ないので、お盆の道具を物置から出してもらったり、飾りつけを一緒にやってもらうこともできます。

作業というのは、一人で行うよりも、二人で行う方が効率が良いため、断然スピードが違います。

一人だと時間がかかることでも二人なら案外早くできるものです。

また、基本的には、作業内容による時間給ですので、1時間あたりであれば、それほど高額にはなりません。

ですから、時間的にも経済的にも便利屋に手伝ってもらうのが、合理的です。

また、介護サービスを利用している方で、ヘルパーに来てもらっている方の場合は、ヘルパーにお盆の準備を手伝ってもらう方法もあります。

経験したことある方なら、おわかりのとおり、お盆の準備は一人で行うのはやはり重労働です。

ですから、無理せず、お手伝いしてもらうことを検討してみてください。

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:お墓 ブログ