南足柄市・山北町・開成町遺言作成手続代行サービス


遺言作成手続のことなら、おまかせください!

遺言作成手続は、一般の方には難しく、時間もかかります。でも心配無用。遺言作成手続の専門家である相続よろず相談所(行政書士FP武井事務所)にご相談いただければ、迅速かつ安心して遺言作成手続を解決いたします。

事前に見積書も発行いたします。安心価格です。

1.遺言作成にかかる費用とは

遺言を作成するというと、高額な費用がかかるイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。

でも心配無用です。

遺言作成にかかる費用というのは、思ったほど高額ではありません。

ここでは、公正証書遺言を作成することを前提としてお話しします。

公正証書遺言を作成する際には、公証人手数料というものが発生します。

この公証人手数料は財産の総額ごとに金額が決まっています。

公正証書遺言作成手続の流れと費用のページを参照してください。

仮に財産が1000万円まででしたら、手数料は1万7千円です。

同様に3000万円まででしたら、2万3千円、5000万円まででしたら、2万9千円、1億円まででしたら、4万3千円となります。

いかがでしょうか、それほど高額ではありませんよね。

この他に財産総額が1億円以下の場合は、1万1千円が遺言加算として加わるほか、用紙代が約3千円加算されます。

例として、財産総額が5000万円の場合なら、手数料2万9千円と1万1千円の遺言加算と用紙代3千円の合計4万3千円となります。

この他に祭祀承継も指定する場合は、1万1千円が加算されます。

ただし、これは一人に相続させる場合の計算です。

相続人または受遺者が複数の場合は、各相続人・受遺者ごとに承継させる財産とその手数料を計算し、合算します。

二人に均等に相続させる場合は、一人あたり2500万円となるので、手数料が2万3千円×2と1万1千円の遺言加算と用紙代3千円の合計6万円となります。

また、遺言者が公証役場へ足を運ぶことができない場合は、公証人が出張してくれます。

出張の場合は、公証人手数料が1.5倍となるほかに、日当が4時間までで1万円加算されます。

金額としては、生命保険と比較しても大差はないですよね。

いずれにせよ、これくらいの金額で安心を買えるのであれば、積極的に遺言を遺そうという動きにつながるのではないでしょうか。

2.南足柄市・山北町・開成町遺言作成手続代行サービスの内容

A.南足柄市・山北町・開成町公正証書遺言作成手続代行サービス

公正証書遺言を作成したい方むけ。

このコースでは、遺言内容の打ち合わせ・必要書類の収集・公証人との打ち合わせ・証人就任・遺言執行者就任を行います。

料金は、54,000円+実費(戸籍謄本代など) ※1参照

B.南足柄市・山北町・開成町公正証書遺言作成手続代行サービス+任意後見契約作成手続サービス

公正証書遺言と任意後見契約を同時に作成したい方むけ。

このコースでは、遺言内容の打ち合わせ・任意後見契約内容の打ち合わせ・必要書類の収集・公証人との打ち合わせ・証人就任・遺言執行者就任を行います。

料金は、75,600円+実費(戸籍謄本代など) ※2参照

C.南足柄市・山北町・開成町公正証書遺言作成手続代行サービス+尊厳死宣言書作成手続サービス

公正証書遺言と尊厳死宣言書を同時に作成したい方むけ。

このコースでは、遺言内容の打ち合わせ・必要書類の収集・公証人との打ち合わせ・証人就任・遺言執行者就任を行います。

料金は、64,800円+実費(戸籍謄本代など) ※1参照

D.南足柄市・山北町・開成町公正証書遺言作成手続代行サービス+任意後見契約作成手続サービス+尊厳死宣言書作成手続サービス

公正証書遺言と任意後見契約と尊厳死宣言書を同時に作成したい方むけ。

このコースでは、遺言内容の打ち合わせ・任意後見契約内容の打ち合わせ・必要書類の収集・公証人との打ち合わせ・証人就任・遺言執行者就任を行います。

料金は、97,200円+実費(戸籍謄本代など) ※2参照

※1 公証役場の費用は別途必要です。
公正証書遺言作成手続の流れと費用のページを参照してください。

※2 公証役場の費用は別途必要です。
公正証書遺言作成手続の流れと費用任意後見制度とはのページを参照してください。

※南足柄市・山北町・開成町遺言作成手続代行サービスお申込み

お電話の方は、TEL 0463-36-7111

※下記のフォームまたは、E-mail:takei@shonan.104.netへどうぞ!