不動産投資による相続対策


不動産投資による相続税対策のことなら、おまかせください!

不動産の相続対策というと2015年の相続税改正の伴い、相続税対策に目が向くのも事実です。高額な相続税が課税されることが予測されるならば、相続税対策として不動産を購入することの検討も必要です。早めに相続対策を立てておくことが肝要となります。

そこで、行政書士&ファイナンシャルプランナーである当事務所がおススメするのが、投資用マンションの購入です。

※当事務所は、行政書士&ファイナンシャルプランナーですので、しつこい勧誘は一切ございません。

 不動産投資(ワンルームマンション)サポートサービスの対象

□事前の相続税対策が必要な方
□相続財産のうち、現金や預貯金の割合が高い方
□遺産分割対策が必要な方
□老後の収入対策が必要な方
□なるべく安全な資産運用を検討している方

1.不動産の相続税対策とは

1)相続税を下げる方法とは

相続税を抑える方法は2つあります。

1つは、生前贈与により、相続財産を減らすこと。

基礎控除をやや超える程度の財産であれば、生前贈与等で財産を減らせば、相続税が非課税となることもあります。

生前贈与の使い方参照

もう1つの方法は、不動産を購入して相続財産の評価額を低くすることです。

不動産は現金や預貯金よりも相続税評価額が低くなります。現金や預貯金が多い場合は、不動産を購入することやアパートを建てることで、評価額を下げることもできます。

2)不動産投資による相続税対策とは

相続税対策として不動産投資に注目が集まっています。

では、なぜ不動産投資が相続税対策として有効なのかというと、相続税の対象となる不動産は、市場で売買される市場価格ではなく、時価よりも低くなるのが一般的です。

地域や物件により異なりますが、土地の評価額は時価の80%前後、建物は時価の50~70%程度です。ちなみに預貯金はそのままの評価額となります。

被相続人が3億円の預金を保有していた場合、評価額はそのまま3億円ですが、そのうち2億円で賃貸マンションを購入した場合は、2億円の評価額が圧縮されます。手元に残る1億円と合算すると評価額が2億円にまで下がりました。その結果、相続税が4300万程度軽減されます。

賃貸マンションを購入するメリットは相続税対策だけではありません。

収益物件を購入したことで賃料収入を得ることができます。老後に年金収入だけでは心もとない方にとっては、家賃収入を得られることは経済的なゆとりだけでなく精神的にもゆとりを持つことができます。これは、老後の暮らしにとっては大きなことです。

2.ワンルームマンションへの不動産投資とは

1)ワンルームマンションを購入するメリットとは

不動産投資の中でもワンルームマンションへの投資は、投資額が1000万円前後から投資ができるため、負担が比較的小さく、容易に実行できる投資です。

ワンルームマンションは、管理会社が共有部分を管理してくれる利点もあります。また、複数のワンルームマンションを購入することで遺産分割対策としても役立ちます。


2)東京都内のワンルームマンションを購入するメリットとは

ワンルームマンションと一口に言っても、全国どこでもいいというわけではありません。購入の狙い目はどこでしょうか?それは、東京都内です。ではなぜ、東京都内のワンルームマンションを購入するのがいいのか。

それは、賃貸需要が安定しているためです。

東京以外の不動産では、価格が安く利回りも高い物件もあるかもしれませんが、人口減少化の影響もあり、空き室を埋められることもできず、長期的に安定して収入を得られる可能性は低いです。

人口減少化が叫ばれる中、東京都内も人口が減少することが予測されていますが、それでも2035年でも東京都の人口は1280万人と予測されています。これは2008年の人口と同程度です。したがって、東京都に関しては大きな人口減少はないということです。

当事務所と提携しているワンルームマンション販売会社の情報によると、現在、都内を中心に1万6千個のマンションを管理していますが、年間平均入居率は99%となっています。それだけ都内のマンションはニーズがあり、継続して住み続ける人も多いということです。

不動産投資は長期的な投資のため、東京都内のワンルームマンション購入は長期安定的な収入を得られます。

そのため、東京都内のワンルームマンションの購入が最善の道です。

3.中古ワンルームマンションを購入するメリットとは

1)新築物件よりも中古物件がおすすめの理由とは

新築のワンルームマンションの物件よりも中古のワンルームマンションを購入する方が狙い目です。

新築の場合は、販売スタッフの人件費や広告宣伝費のほか、土地価格の上昇や建築資材の高騰なども計上されるので、どうしても物件価格が高くなります。

一方、中古の場合は、新築に比べれば価格も低くお手頃価格です。

これは売り手と買い手の需給バランスで決まるためです。なおかつ投資利回りが高いです。新築のワンルームマンションの相場は2500万円以上なのに対して、中古のワンルームマンションは1000~2200万円程度です。

2)なぜワンルームタイプがおすすめなのか

東京都内の物件にも様々なタイプがありますが、狙い目はワンルームです。

ワンルームの場合、空き室となっても1ヶ月程度で次の入居者を見つけることができます。

しかし、ファミリータイプだと次の入居者が決まるまでに時間がかかります。また、入居者が退去した後のリフォーム工事もワンルームなら比較的低額ですが、ファミリータイプは部屋数も多いので、工事費用も高くなります。

4.不動産投資(ワンルームマンション)サポートサービスとは

A.不動産投資(東京都内中古ワンルームマンション購入)サポートセット

相続税対策や資産運用を検討される方むけ。(全国の方対象)

このコースでは、東京都内の中古ワンルームマンションを購入することでどれくらい相続税を軽減できるのかという提案書作成からワンルームマンション購入に関する業務一切が含まれます。

サポート(紹介)料金は無料とさせていただきます。

ただし、不動産会社への購入代金や管理費がかかります。

※不動産投資(マンション購入)サポートサービスお申込み

お電話の方は、TEL 0463-36-7111

※下記または、E-mail:takei@shonan.104.netへどうぞ!